担保の必要のないカードローン

カードローンというのは今では様々な金融会社で見かけることが多い商品であり、
実際に利用している人も多いという人気の融資商品です。
この理由はカードローンの申し込みで担保が必要ないからです。

金融商品によっては融資を受けるために何かの担保が必要となることがありますが、
こうした内容だと簡単に融資を受けることができないので、
なかなか誰もが利用できる融資商品だとは言い難いものがあります。

しかし、カードローンなら担保が必要なく、しかも保証人も不必要となっているので、
必要書類さえ揃えておけば簡単に申し込むことができます。
これはカードローンの利用条件をしっかりと見ておけば内容をチェックすることができます。

カードローンで必要になる書類は身分証明と所得証明書

カードローンの必要書類というのは身分証明と所得証明書です。

銀行など総量規制がない会社では小口融資の場合に身分証明だけで
申し込めることがあるので、こう考えるとかなり手軽に利用できる
融資商品だと言えます。 当日カードローンも人気ですがそういった手軽さがお金を
借りる人にとっては一番助かるところではないでしょうか。

身分証明

身分証明は運転免許証など自分が申込者であることを確認できる
書類があれば良いので、これは準備することが簡単です。

所得証明書

そして、所得証明は給与明細や確定申告などが必要になってくるので、
これらの書類を準備することができない場合は上記のように
身分証明だけで申し込める会社を選んでカードローンの申し込みをすると良いです。

担保が必要になるケースって?

最終的に融資を受けるためには審査を受けて合格することが必要となりますが、
この審査の中で原則的には担保や保証人が必要無いとなっている場合でも、
必要だと判断されることがあります。

そのときは会社から連絡がやってくるので、カードローンを利用するために
指示に従う必要があります。

しかし、このケースというのは本当に稀なことであり、
大抵の場合は必要と言われる前に審査で不合格となります。
カードローンでもかなり大きな金額を借入できる会社もあるので、
そのような場合に年収だけでは返済能力が足りないと
判断されて必要と言われることがあります。

カードローン情報

目的別ローン